産業廃棄物回収・運搬、廃棄物処理、不用品の粗大ごみのおかたづけサポート

PC用サイト スマートフォン用サイト ツイッター
リネックス有限会社 お問い合わせ
トップページ 会社案内 企業理念・沿革 リネックスニュース トピックス 廃棄物処理(おかたづけサポート) 初めての方はこちらへ
神奈川(湘南)の地域情報た業界ニュース
Latest topics
Kanagawa regional information industry news
   HOME >  トピックス


トピックス
湘南の地域情報や廃棄物関連の最新情報を掲載しています

リネックスニュース ISO 私たちはISO14001取得企業です。ゴミを出さず、資源とするために素材選別を徹底して行います。



社長のブログ

本社のスタッフブログ

寒川リサイクルセンターのブログ





大磯港賑わい交流施設 OISO CONNECT
準備段階から廃棄物の回収をさせて頂いておりました、大磯港賑わい交流施設OISO CONNECT が4/17(土)グランドオープンしました。



OISO CONNECTの2階
grill&pancake OISO CONNECT CAFE




店内からも海が覗けます。これからの季節、晴れてる日にはテラス席で海風を感じながら頂くのも気持ち良さそうですね。私はまだ頂いてはいませんが近々行きたいと思います。
>>詳細はこちらへ



石綿(アスベスト)を含有する珪藻土製品について
昨年末にニュース等で話題になっておりました石綿(アスベスト)含有の珪藻土マットやコースターなどの製品について一般の方から我社にも問い合わせがくる事があります。こちらの製品については厚生労働省から、石綿(アスベスト)を含むバスマットやコースター等の珪藻土製品の流通とメーカー等による回収について発表がありました。

リネックスでは大磯町の一般廃棄物回収をしておりますが今回アスベスト含有という事で大磯町の収集及びリサイクルセンターへの持ち込みはできませんのでお願いします。
>>詳細はこちらへ




RPF製造(廃棄物由来燃料)職種が「外国人技能実習制度」の認定職種に追加決定されました。 このたび嬉しい出来事がありました。
令和3年1月8日、RPF製造(廃棄物由来燃料)職種が「外国人技能実習制度」の認定職種に追加決定されました。

これによりRPF製造業において外国人技能実習生の受け入れが可能となりました。我々、産業廃棄物業界は認定職種になっていないため外国人雇用等が難し状況でしたが、RPF製造が認定されたことによって一つ扉が開けたと思います。
>>詳細はこちらへ




世界的な環境問題となっている海洋プラスチックごみから、初めてポリ袋を開発! 
伊藤忠商事と子会社のゴミ袋メーカー最大手の「日本サニパック」は、海洋プラスチックごみを原料の一部に使ったポリ袋を世界で初めて開発したと発表しました。

「日本一海洋ごみが多い島」とされる「長崎・対馬市」の海岸に漂着した海洋プラスチックごみを粉砕し、技術的な面でハードルが高かった薄いポリ袋への再利用に成功したということです。
>>詳細はこちらへ




水平リサイクルとは
最近、「水平リサイクル」という言葉をよく耳にします。
以前からあった言葉ですが新聞記事やネットなどでも目にすることが増えました。

簡単に説明しますと、使用済みの製品がいったん資源となり、また同じ製品として生まれ変わるリサイクルシステムです。
例えば、「アルミ缶からアルミ缶」「ダンボールからダンボール」「ビンからビン」といった形のリサイクルは以前から行われていました。
>>詳細はこちらへ




お手紙をいただきました 大磯町民の方から匿名でお手紙をいただきました
自粛期間中に、ごみ袋にメッセージなどが書いてあったりしましたが、自粛期間が明けてから、初めてのお手紙になります。
日常生活における、ごみ収集に対しての感謝と応援の言葉が書かれていました。

この手紙を励みにして、コロナを含めたこの厳しい夏を、社員一丸となって頑張っていきたいと思います。

お手紙、ありがとうございます。
>>お手紙をいただきました




地元、大磯の甘酒をご紹介 先日、地元の先輩が営んでいる精肉店にお惣菜やお肉など夕飯のおかずを購入しに妻と2人で出かけた時のことです。地元では老舗の精肉店ですのでお惣菜もお肉も豊富に取り揃えており、何を購入するかも二人で色々と悩んでいると奥から先輩が、そこにある「大磯のあまざけ」を買ってくれ!との声が掛かり、ちょうど目の前に置いてあった「大磯のあまざけ」を見てみると、地元大磯を盛り上げるために地元のお米を使い、大磯の酒屋さんが企画販売して作った商品でした。
>>地元大磯の甘酒をご紹介




海水浴場は中止に 新型コロナウイルスの影響で今夏の神奈川県内にある海水浴場すべてが中止となる方向で発表されました。例年ですと海の家や海水浴場から排出されるゴミの入札などがこの時期にはあるのですが今年はすべて中止です。
リネックスの本社及び支店がある大磯、平塚、鎌倉も勿論その中に入っています。
>>神奈川県の海水浴場は中止に




大磯左義長のお酒

大磯左義長のお酒
「大磯左義長」は400年余も続く火祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されております。最近はお祭りを行う資金難や担い手不足などの問題に直面しており、そこでオリジナル清酒の販売の一部を開催費用に充てるなどしています。  統を守る努力は素晴らしいですね。
詳細はこちらへ




湘南国際マラソン2019
第14回湘南国際マラソン
2019年 12月1日日曜日

常務の安部でございます。
12月1日(日)第14回湘南国際マラソンが開催されました。
私も例年通り、エントリーをしました。

弊社は会場内のサポートも行っており、大勢のスタッフが参加する、思い入れの強いレースです。競技参加は私だけですが、当日の大会会場では朝一番からゴミ分別ステーションにリネックススタッフが作業に取り組んでおりました。
詳細はこちらへ




アルミ缶のリサイクル アルミ缶のリサイクル
リネックスではベンディング会社のお客様が数社おり、リネックス寒川リサイクルセンターにおいてビン、カン、ペットボトル、ビニールなどの回収、選別、圧縮作業を行なっております。我が社で圧縮加工されたアルミ缶などは精錬所に運搬し、アルミインゴットやアルミペレットに加工されアルミ缶などに生まれ変わります。
詳細はこちらへ




かながわプラごみゼロ宣言の登録書 やっと届きました!
かながわプラごみゼロ宣言の登録書

令和元年5月8日に「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し登録したのですが、先週神奈川県より登録証が郵送されて来ました。登録した際には夏頃に登録証授与式があるので参加お願いしますと伝えられておりましたが、その後登録者が急激に増えた事で登録証は郵送になりました。 ちょっと残念ですが仕方ないですね。

かながわプラゴミゼロ宣言企業
>> 詳細はこちらへ




プラスチックを食べる細菌
大阪堺市で見つかった細菌が世界の注目を集めているとい記事を読みました。なぜ、注目を集めているのか?それはペットボトルを食べる性質があるからです!見つかった細菌は特殊な2種類の酵素を出してペットボトルなどに使われるポリエチレンテレタフレート(PET)を分解する事がわかり、厚さ0.2mmのPETを約1カ月で二酸化炭素と水に分解したのです。

>> 詳細はこちらへ




大磯町美化センターフェアー開催 3月24日(日)
大磯町美化センターフェアが開催されます。
リネックススタッフ数名も参加してます。
※大型トラックの試乗体験や撮影会も予定しています!
>> 詳細はこちらへ




プラスチック製ストロー
いま、世界中でプラスチックによる海洋汚染が問題になっております。その中でも使い捨てのプラスチック製ストローによる大量消費が海洋汚染などの一因だと批判が強まっています。そんな批判を受けて「スターバックスコーヒー」は2020年までに全世界での使用を廃止する方針を打ち出しました。日本でも「すかいらーくホールディングス」の「ガスト」での全店使用廃止を決めました。
>> 詳細はこちらへ




使用済み切手のお話です 使用済み切手のお話です
知的障害者支援施設の運営支援として使用済み切手の収集という取り組みがあります。これは寄付などをしてもらい集まった使用済み切手を入所者の人達が種類別に仕分けをして(国内普通切手・記念切手・外国切手の三種類にします)収集業者に売却し、施設運営費に充てるという取り組みです。
>> 詳細はこちらへ




ハエでリサイクル ハエでリサイクル
畜産糞尿をわずか一週間で有機肥料と飼料の二種類の生産物に変身させる。そんな画期的な技術が実用化されたという報道がありました。普通に考えますと理解が難しく思われる技術ですが、自然界の摂理を利用している事がわかると納得出来ます。
>> 詳細はこちらへ




海洋プラスチックごみ問題 海洋プラスチックゴミ問題
世界中で海洋プラスチックごみが問題になっております。
プラスチックは水に溶けたり土に帰ったりはしない素材です。陸上や河川などから一度、海に流れ出るとそのまま浮遊して流れ付き海岸ごみとして打ち上げられたり、波や紫外線によって細かく砕かれマイクロプラスチックとなり鳥類、魚介類のエサ(偽食)になり、体内に蓄積されてしまいます。そのため食用の魚介類などから人間の身体にも入ってくる可能性もあります。
>> 詳細はこちらへ




安全点検
リネックスが仕事を請け負っております職場にて安全衛生点検を労働安全衛生コンサルタントの方を招き確認して頂きました。
ここでは工場長や一緒に働くスタッフ皆が知的障がい者の人達のサポートをしつつ、仲良く明るい職場を皆で築いてくれており、障がい者雇用を積極的に行っておりますリネックスサイトの中でも1番のモデルケースになっている職場です。
>> 詳細はこちらへ




空き缶のリサイクル 空き缶のリサイクル
我が社ではベンディング関係のお客様が多数いらっしゃいますので、毎日空き缶が大量に搬入されます。リネックス寒川RCでは、空き缶をアルミ缶とスチール缶に分別し、プレス機でプレス加工して金属の原料材として出荷しています。空き缶利用としては、1番需要のある形のリサイクルですが他に何か良いリサイクル方法はないのか?といつも考えています。
>> 空き缶のリサイクル




植林活動に参加
弊社は、お客様より回収・買取りさせて戴いた廃プラスチック全量に対して、定額を植林事業に寄付することにより、カーボンオフセットを進めて参ります。
>> 定期的に植林活動に参加しています









リネックス・ニュース


廃棄物処理(おかたづけサポート)


おかたづけサポート参考例


取扱可能な廃棄物


会社案内トップ


廃棄物処理フロー


設備と取得ライセンス







お問い合わせ
お電話でのお問い合わせは0467-55-8991 営業本部でお受けしています  
営業本部  神奈川県高座郡寒川町田端1578-21 >>個人情報の取り扱い  >>求人情報  >>会社案内
Copyright Rinnex.co.ltd. All rights reserved.  弊社WEBサイト内の画像・掲載内容の無断使用禁止します