産業廃棄物回収・処理、不用品、粗大ごみなどのおかたづけサポート

初めての方はこちらへ | 個人情報の扱いについて
リネックス有限会社
リネックスのトップページ 会社案内 トピックス リネックスニュース 取得免許と車両・諸設備 取扱可能な廃棄物 おかたづけサポート
   HOME > トピックス > 水平リサイクルとは 


トピックス/水平リサイクルとは

最近、「水平リサイクル」という言葉をよく耳にします。
以前からあった言葉ですが新聞記事やネットなどでも目にすることが増えました。

簡単に説明しますと、「水平リサイクル」とは使用済みの製品がいったん資源となり、また同じ製品として生まれ変わるリサイクルシステムです。

例えば、「アルミ缶からアルミ缶」「ダンボールからダンボール」「ビンからビン」といった形のリサイクルは以前から行われていました。

しかし、ここ最近注目されているの新たな商材が水平リサイクルされるということです。

「ペットボトルからペットボトル」「詰め替え容器から詰め替え容器」、びっくりする商材としては「紙オムツから紙オムツ」という今までカスケードリサイクルや焼却、埋立処分されていた物が「水平リサイクル」される商材として扱えるように進んできたということです。(まだテスト段階の物もあります)

今後はSDGsやESGの取組みを各メーカーで進めていく方向ですので分別方法や回収方法、そして我々の処分方法などが様変わりする日も近いですね。

我々も今後の流れに取り残されないよう対応して行きます。

※「カスケードリサイクル」とは、資源やエネルギーを利用すると品質が下がるが、その下がった品質レベルに応じて何度も利用すること。 同じレベルで複数回使用するリサイクルとは異なり元の製品の品質には戻らず品質の低下を伴うリサイクルをという。

※SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、「17の大きな目標」と、それらを達成するための具体的な「169のターゲット」で構成されています。

※ESGとは、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(ガバナンス)」のことで、企業が長期的に成長するために「ESG」への取り組みが重要との見方が広まっています。






トピックス

















会社案内トップ


リネックス・ニュース

おかたづけサポートのトップページ

廃棄物処理フロー

諸設備と取得許可書

取扱可能な廃棄物



リネックス有限会社

「原料→製品→廃棄」の一方通行だった従来の生産システムを「原料→製品→廃棄→原料」の無限(∞)サイクルへと進化させて、不要となるものを無くしていく。処理の品質を高めていく。地域が生み出す膨大な量の廃棄物を資源として再利用していく『循環型社会』の現実にむけて豊かな経験とノウハウを活かす環境保全企業です。

お問い合わせ・ご相談 >>

HOME 会社案内 トピックス リネックスNEWS 取得免許・諸設備 取扱可能な廃棄物 おかたづけサポート

リネックス有限会社 ホームページ内の画像・テキストを無断で転写及びコピーを禁止します
Copyright Rinnex.co.ltd. All rights reserved.